AGA・ハゲ治療

AGAクリニックで処方される治療薬の副作用を徹底解説!副作用の発現率割合は?

最近ではテレビCMなどにより、AGAクリニックはとても身近なものになってきました。

その一方、クリニックに通うことをためらってしまう方もいまだに多いのも事実。

その大きな理由の1つとして、「AGA治療薬の副作用が怖い」というものがあるのではないでしょうか?

確かに、髪の毛がフサフサと生えてきても身体がボロボロになってしまったら元も子もありませんし、怖くなってしまいますよね…。

そこでこの記事では、

 

  • AGA治療薬の主な種類と効果
  • AGA治療薬の副作用

 

などについてまとめていきます。

AGAクリニックに通うことを検討している、AGA治療薬について詳しく知りたいと言う方はぜひ参考にしてください!

 

AGAクリニックとは?

治療・発毛の医療行為を行ってくれる場所のこと。

メインの治療方法は内服薬の処方で、現状維持をする「プロペシア」や、毛を増やす「ミノキシジル」などが有名です。

また、そうした内服薬以外にも、オリジナルの内服薬や外用薬の処方、育毛セラピーといった専門的な治療を受けられます。

本当に様々な治療方法を受けられるので、あなたに合った治療法を見つけることが可能です。

最近ではAGA外来も有名ですが、AGA外来は抜け毛の進行遅延しか期待できず、AGAクリニックは抜け毛の進行遅延と発毛効果が期待できます。

 

 

AGA治療薬の種類

プロペシア

AGA治療薬の代表格とも言えるプロペシアは、「フィナステリド」という有効成分を含む、日本で認可されているAGA治療薬の1つ。

そもそもAGAは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが大きな原因として発症します。

フィナステリドは、このDHTを産生する「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」の働きを阻害し、薄毛や抜け毛の進行を遅らせる効果を持ちます。

つまり、プロペシアは「薄毛の進行を遅らせる」治療薬です。

 

ミノキシジル

「プロペシア」が薄毛の進行を遅らせるのに対し、ミノキシジルは髪を生えやすくするために使われる治療薬です。

内服薬と外用薬(塗り薬)があり、市販で変える外用薬(発毛剤)としては「リアップ」が有名です。

ミノキシジルの成分量を変え、ほとんどのクリニックで発毛薬として処方されます 。

 

ザガーロ

2015年にAGAの治療薬として認可がおりたばかりの医薬品です。

有効成分であるデュタステリドは、AGAの原因のDHTの生成を抑制するという、プロペシアやそのジェネリックに含まれるフィナステリドに似た働きをし、薄毛の進行を遅らせる効果が認められています。

フィナステリドよりも、抑制できるDHTを生成する酵素が多いため、より高い効果が期待できます。

 

 

AGA治療薬の副作用一覧

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用として挙げられるのは以下の通りです。

・発疹などの過敏症
・勃起不全
・肝臓への負担
・うつ
・精子減少

この中でも特に症状として上がるのが男性機能の低下です。

日常生活に特に問題はありませんが、プロペシアは女性と子供には悪影響を及ぼす可能性があるため、「これから子作りを頑張ろう」というご夫婦である場合には使用をやめましょう。

また、肝機能などにも影響を及ぼす可能性があるため、夏場などで肝機能が落ちている時などには使用を控え、十分に注意しながらご使用ください。

 

ミノキシジル外用薬の副作用

頭皮に塗るタイプであるミノキシジル外用薬の副作用として挙げられるのは以下の通りです。

 

・頭皮のかゆみ
・頭皮のかぶれ
・動悸

 

主に直接頭皮に影響が出るため、頭皮が弱い方は、塗布したり頭皮にデキモノや湿疹がある時に使用したりするときは注意しましょう。

また、ミノキシジルが肌についてしまった場合ニキビや肌荒れを起こしてしまうこともあるので、患部以外に触れることのないよう気をつけてください。

 

ミノキシジル内服薬の副作用

ミノキシジル内服薬の副作用は以下の通りです。

 

・多毛症

 

ミノキシジル内服薬は、体中の毛母細胞に発毛を促進する作用があるため、体中の毛を濃くし発毛させる「多毛症」を引き起こします。

頭皮はともかく、体毛などに少し異常を感じた場合には、すぐにお医者さんに相談し適切な処置をしてもらうように最新の注意を払いましょう。

 

ザガーロの副作用

ザガーロの副作用は以下の通りです。

 

・発疹などの過敏症
・勃起不全
・肝臓への負担

 

プロペシアと副作用がとても似ていますが、プロペシアよりも副作用の発現率が高いということが分かっています。

しかし副作用の発現率が少し高いだけで、副作用の度合いが強くなるわけではないので、まずはザガーロを服用してみて副作用が出てしまった場合には「フィナステリド」などの同じ成分の治療薬に変更するクリニックもあります。

また、注意点としてプロペシアの休薬期間が1ヶ月程度なのに対して、ザガーロは6ヶ月以上と休薬期間が長く、体内に残ってしまいます。

そのため献血・輸血などを行いたくても行えないので、ご使用の際は十分に注意してください。

 

AGA治療薬の副作用発現率はかなり低い

プロペシアの添付文書にも記載がある通り、頭痛やめまい、胃腸不良などの軽めの症状が現れる人は比較的多いものの、生殖機能の不良に関する副作用の発症率は約1%程度とされています。

この確率が低いからといって安心と言うわけではありませんが、恐すぎるあまり治療をする機会を逃してしまっては元も子もありません。

あくまで自己責任ですが、必要以上に不安になるのはやめましょう。

しかし、元々の持病がある方や、女性や未成年者には服用や接触は避けてください。

 

AGA治療薬は正しい知識を持って使おう!

AGA治療薬はAGAの進行を遅らせたり発毛を促すなどメリットが大きい一方、やはり副作用も少なからず発生する確率はあります。

しかし、必要以上に不安になる必要はありません。

治療をする場合はお医者さんの指導のもと正しく利用し、少しでも体調が優れなかったら相談するなど、上手に治療薬と付き合い治療を進めていきましょう。

 

AGA治療に興味がある方はこちらも合わせてどうぞ!

・【料金安い順12選】薄毛・若ハゲ治療におすすめのAGAクリニック料金ランキング