AGA・ハゲ治療

AGAクリニックで処方される治療薬の種類や効果を徹底解説!使用の注意点とは?

テレビCMなどの放送によって、薄毛に悩む方でAGAクリニックに通うことを検討される方は増えてきました。

しかし、AGAクリニックに通う際に少し怖いのが「治療薬」ではないでしょうか?

「副作用が怖い…」「種類が多すぎて分からない…」「そもそも本当に効果があるの?」と言う意見もよく聞くので、少し火曜ことをためらってしまいますよね…。

 

そこでこの記事では、

 

  • AGA治療薬を使用する前に知りたいこと
  • AGA治療薬の種類と、その効果や副作用
  • AGA治療薬をしようする際の注意点

 

などをまとめていきます。

ぜひ、AGA治療薬について知りたい方は参考にしてみてください!

 

AGA治療薬をしようする前に知っておきたい2つのこと

AGAの治療薬として日本で認められているものはかなり少ない

これから12種類のAGA治療薬を紹介いたしますが、実は日本で承認されている治療薬はかなり少ないんです。

実際に認められているのは以下のものだけなのですが…

 

・プロペシア
・プロペシアのジェネリック一部(ファイザー・東和・沢井・クラシエ)
・ザガーロ
・アロビックス

 

たったのこれだけ!(少ないですよね…。)

つまり、他の治療薬は日本では治療薬として認められていないということです。

もちろん、許可されているから安心・安全というわけではありません。しかし、あまり知識のない方であれば、しっかりと効果や副作用についてわかっている薬を使用する方がおすすめです。

 

副作用の可能性がある

これはAGA治療に限ったことではありませんが、治療薬には副作用の可能性があります。

「AGA治療って副作用が多いって聞いたんだけど…」という方もいるかもしれませんが、その発症例はごくわずかです。

もちろん、副作用が全くないというわけではないので、何か体調の不調や違和感を感じたらすぐに使用をやめて、お医者さんに相談するようにしましょう。

 

AGA治療薬12種類を紹介

1. プロペシア

AGA治療薬の代表格とも言えるプロペシアは、日本で認可されているAGA治療薬の1つ。

そんなプロペシアの有効成分は「フィナステリド」。

そもそもAGAは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが大きな原因として発症します。

フィナステリドは、このDHTを産生する「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」の働きを阻害し、薄毛や抜け毛の進行を遅らせる効果を持ちます。

つまり、プロペシアは「薄毛の進行を遅らせる」治療薬です。

 

【可能性のある副作用】

  • 発疹などの過敏症
  • 勃起不全
  • 肝臓への負担
  • うつ
  • 精子減少

 

2. ファイザー(プロペシアのジェネリック)

ファイザーはプロペシアのジェネリック医薬品です。

ジェネリック製品のため、先発薬であるプロペシア同じ成分が含まれており、効果も同じものです。

「プロペシアと同じ効果のある治療薬を安く手に入れたい!」という方から人気です。

 

【可能性のある副作用】

プロペシアと同様

 

3. サワイ(プロペシアのジェネリック)

沢井製薬から販売されている、プロペシアのジェネリック医薬品。

サワイは、プロペシアに含まれている「黄色三二酸化鉄」という着色料の成分が省かれています。

効果や副作用はプロペシアと同様です。

 

【可能性のある副作用】

プロペシアと同様

 

4. トウワ(プロペシアのジェネリック)

東和薬品から販売されている、プロペシアのジェネリック製品です。

効果や副作用は同じで錠剤の色も似ているため、プロペシアを長年使用していた方でも抵抗なく切り替えることができるとして人気があります。

 

【可能性のある副作用】

プロペシアと同様

 

5. クラシエ(プロペシアのジェネリック)

クラシエ製薬から販売されている、プロペシアのジェネリック製品です。

効果や副作用はプロペシアと同様です。

 

【可能性のある副作用】

プロペシアと同様

 

6. フィンペシア

エフペシアは、インドの製薬会社である「インタス社」によって開発された医療薬品です。

よく、プロペシアのジェネリック医薬品として紹介されますが、厳密には違います。

しかし、効果についてはプロペシアと同様です。

 

【可能性のある副作用】

プロペシアと同様

 

7. エフペシア

エフペシアは、フィンペシアと同じインドの製薬会社「インタス社」が開発した医薬品で、個人輸入によって入手することが可能です。

現在は違いますが、以前はフィンペシアには「キノリンイエロー」という着色料が含まれていました。

しかし、この着色料には発がん性物質が含まれているという指摘があったため、キノリンイエローを使用しない薬として開発されたのがエフペシアです。

効果についてはプロペシアと同様です。

 

【可能性のある副作用】

プロペシアと同様

 

8. フィナロ

「フィナロ」もフィンペシアやエフペシアと同じく、フィナステリドを主成分としたインタス社が開発した医薬品です。

個人輸入でしか購入はできませんが、この3つの中でも価格が圧倒的に安く、経済的にあまり余裕のない方でも購入できるAGA治療薬として人気です。

 

【可能性のある副作用】

プロペシアと同様

 

9. ロゲイン

ミノキシジルを主成分とする外用薬タイプのAGA治療薬。

プロペシアが「フィナステリド」という薄毛の進行を遅らせる薬であるのに対し、ロゲインの主成分の「ミノキシジル」は発毛を促進してくれるという効果があります。

 

【可能性のある副作用】

  • 頭皮のかゆみやかぶれ
  • 動悸

 

10. アロビックス

アロビックスは血管拡張の作用のある「塩化カルプロニウム」を含む医薬品です。

そのため、発毛や育毛に関わる細胞に多くの栄養分が行き渡るようになって、発毛が促されるとされています。

日本では処方箋医薬品として承認されているAGA外用薬なので、多くのクリニックが取り扱っています。

 

【可能性のある副作用】

  • 頭皮のかゆみやかぶれ
  • 血圧の低下
  • ほてり
  • 発汗

 

11. ザガーロ

2015年にAGAの治療薬として認可がおりたばかりの医薬品です。

有効成分であるデュタステリドは、AGAの原因のDHTの生成を抑制するという、プロペシアやそのジェネリックに含まれるフィナステリドに似た働きをし、薄毛の進行を遅らせる効果が認められています。

フィナステリドよりも、抑制できるDHTを生成する酵素が多いため、より高い効果が期待できます。

 

【可能性のある副作用】

  • 発疹などの過敏症
  • 勃起不全
  • 肝臓への負担

 

12. アボルブ

ザガーロと同じデュタステリドを有効成分とした治療薬。

本来は前立腺肥大の治療薬として使用されていますが、AGAの治療薬として用いられることもあります。

効果や副作用はザガーロと同様です。

 

【可能性のある副作用】

ザガーロと同様

 

AGAのクリニックで治療薬を使用する際の注意点

AGA治療薬を使用するタイミングは?

様々な種類のAGA治療薬がありますが、1日のどの時間帯にしようすればいいのかを意外と知らない方もいるのではないでしょうか?

基本的にAGA治療薬は以下のタイミングで使用するようにしましょう!

 

  • フィナステリド配合の内服薬:食前・食後・食間のどのタイミングでも服用OK
  • ミノキシジル配合の外用薬:朝・夜の2回
  • ザガーロ:食前・食後・食間のどのタイミングでも服用OK
  • クリニックのオリジナル治療薬:クリニックごとに確認

 

あくまで目安ですので、どうしても不安な方はお医者さんに直接聞いてみることをおすすめします。

 

AGA治療薬って途中でやめても大丈夫?

そもそもAGA治療薬は薄毛の原因を根本的に治すものではありません。

AGA治療薬とは、AGAの原因物質を減らしてその進行を抑えるためのものです。

そのため、結果を出すまでは使用を続けなくてはなりませんし、途中でやめてしまうと再びAGAの原因物質が生成される恐れがあります。

本当に治したいのなら、基本的には治るまでは使用を続けましょう!

 

海外の医薬品を個人輸入して飲んでも大丈夫?

結論から言うと、個人輸入すること自体は問題はありません。

というのも、日本ではAGA治療薬に関しては「個人輸入は自己責任」という前提があり個人輸入が禁止されていないためです。

そのため、「日本で処方されている治療薬と同じ効果のものを格安で手に入れたい!」という方は試してみてもいいかもしれません。

ただし、AGAクリニックの特徴は「自分に合った治療をしてくれる」というもの。個人輸入で買ったものは、あくまで自分で選んでいるもののため自分に適しているのかは定かではありません。

そのため、「安全かつ確実性が高い」治療をしたいのなら、しっかりと医師に処方された治療薬をしようするのがおすすめです。

 

AGA治療薬はしっかりとした知識のもと使用しよう!

AGA治療薬は様々な種類がありますが、それぞれの効果はそれほど違いません。

しかし、だからと言って適当に自分で選んで使用し、仮に副作用が出てしまっても誰も助けてはくれません。

そのため安全に治療を行いたいのならAGAクリニックに行き、しっかりとお医者さんに処方された治療薬を使用するようにしましょう!

 

AGA治療に興味がある方はこちらも合わせてどうぞ!

・【料金安い順12選】薄毛・若ハゲ治療におすすめのAGAクリニック料金ランキング